×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

逆食は市販薬でも治療できる

胸やけ胃のムカムカ、息苦しさ、吐き気などが普段から現れ、毎日嫌な気分での生活を余儀なくされる逆食はつらい病気です。

逆食に効く薬は、色々なものが市販されています。

特に有名なのがH2ブロッカーで、胸やけの解消や軽減に効果が高いといわれているだといえるはずです。

H2ブロッカーには、市販薬(症状がよくならない場合には、やはり病院に行くべきですね)と病院や診療所で処方されるものがあります。市販薬の代表的なものとしてガスター10がありますが、これらのH2ブロッカーは成分が同じ場合もあるものの、多くは成分である含有量が異なるため、効果も違ってくるのです。

市販薬を飲んでも、胸やけや胃の痛み等の症状を一時的に軽くすることはできるでしょう。でも、その後もずっと効果が続くというわけではありません。

そのために、逆食の症状が続くときは、薬を飲み続けなければならず、根本的な治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)にはならないのです。

薬をずっと飲み続けることが、身体に良い事ではないのはほとんどの人が知ってることですね。逆食のための市販薬にはほかにも、アルロイドGやタケプロン、パリエット、ムコスタ、ガストロームなどいろいろあります。これらはいずれも、逆食の症状を一時的によくするもので、根本的に治すものではないものです。

薬を飲んでもしばらくすると症状がでることを繰り返す場合は、根本的な治療を行う必要があるのです。病院・診療所で診てもらい、原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)を確かめ、それに合った治療を受けるようにして下さい。

逆食は漢方でも治療できる

逆食の治療方法はいくつかありますが、そのうちの一つに漢方があります。漢方は、西洋医学のような症状の改善を目的とした対症療法とは異なり、根本から原因に対する治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)を目的としています。そのために、逆食における漢方は、西洋医学で処方されてる薬のように胃酸の分泌を抑えたり、中和するようなものではありません。

自己治癒力や免疫力などを向上させて、丈夫な胃と食道をつくることをポイント(効率のよさを追求するなら、知っておくべきでしょう)としているんです。漢人には、鎮静効果や消炎効果、血流促進効果など、それぞれ独自の効能があり、それらを服用することで肉体的な問題を解決します。要するに、漢方では逆食の症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)に対しての即効性は期待できないということです。

しかしながら、長期間服用を継続する事で、体質(生活習慣を見直すことで、ある程度変えることができるでしょう)が改善され、逆食の治癒が期待できるのです。漢方薬(服用の仕方によっては、体に害を及ぼすこともあるでしょう)にはさまざまなものがあり、症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)や目的に合わせて処方が異なるのではないでしょうか。漢方に期待できる逆食にたいする効果には、以下の3つのタイプがあります。

・胸(女性はバストの大きさが気になり、男性は筋肉の付き具合が気になることも多いでしょう)やけや胃のもたれなど、気になる症状の軽減
・気になる症状を抑えつつ、免疫力や抵抗力をアップさせ、根本から解消する
・病院の治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)と並行しながら漢方で体質(生活習慣を見直すことで、ある程度変えることができるでしょう)を改め、逆食を治癒する

重症の逆食の場合は、病院での治療を優先し、症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)がいくぶん落ち着いてから漢方を併用することがお勧めです。なお、逆食に効果があるとされる主な漢方には、「半夏厚朴湯」「甘草瀉心湯」「黄連湯」「六君子湯」「茯苓飲」「大柴胡湯」「星火健胃錠」などがあります。服用の際には、必ず医師や薬剤師に相談するようにした方がいいです。




逆食はストレスでもひどくなる

逆食の原因の多くが暴飲暴食だからといって、心因性のストレスによる場合も多くあるみたいです。心因性のストレスと胃は密接に関係しており、胃潰瘍や胃痙攣が精神的なものによって引き起こされることがあるのはよく知られているものです。(全くないというのも逆に健康にはよくないそうです)と表現しても、ほんのささいな程度のものは影響ないでしょう。でも、慢性的に続くストレス(過?に受け続けると、心身の健康を損なってしまった恐れがあります)や精神的に大きなダメージをうけるようなものは、逆食の原因になったり、逆食を悪化させる事になるでしょう。

ストレスを受けると、自律神経(交感神経と副交感神経の二つに分けられます)のバランスが乱れ、胃の中では胃酸がすごくたくさん分泌されるようになります。にもかかわらず、胃の内壁は縮まり、蠕動運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)が弱くなってしまいます。つまり、胃酸がたくさん出ているのにその処理ができず、胃酸過多になってしまうわけです。

ありあまった胃酸は、食道に逆流して食道の内壁や気管支にダメージを与え、炎症(炎症の症状として考えられるものに、熱感、腫脹、疼痛、発赤があり、炎症の四徴候と呼ねれています)を起こし、逆流性食道炎となります。また、ストレスを解消する為に、喫煙(中毒性、依存性が高いので、止めるのがとても難しいと考えられています)量や飲酒(自分の能力を超えて飲むと二日酔いになります)量が増えたり、暴飲暴食を繰り返したりすることで、胃に負担が掛かって、逆食になることも少なくありません。

いずれにしても、逆食は胃酸過多になることで起こります。ストレスが原因の逆食の治療では、胃酸過多を改善すると一緒に、ストレス(過?に受け続けると、体や心の健康を損なってしまう恐れがあります)を解消するための精神的ケアが必要なのです。自分でどうしても解消できないようなストレスの場合なら、病院の精神科や心療内科で診てもらったほうが良いかもしれません。